男女

気を落とす前に|郡山青藍病院に通えばヘルニアから開放される

メニュー

選び方を知っておく

病棟

世田谷区で在宅医療をお願いするのであれば、自宅から近いというのが基本であることを頭に入れておきましょう。役所に行っても良いですし、これまでお世話になった病院に聞いたり、インターネットで検索し、そこでめぼしいところが見つかったら現地に行ってチェックしておくと良いです。

詳細を読む

脳に腫瘍がある時の治療法

先生

脳腫瘍の治療は他のがん同様に手術、放射線、抗がん剤があります。放射線治療の発達は目覚ましく、また抗がん剤も副作用が少ないものが登場しています。また最初から脳にできる原発性と転移性とがあり、特に後者には放射線治療が効果的です。自覚症状は頭痛や嘔吐、視力障害などで、朝の頭痛が激しいという特徴があります。

詳細を読む

ヘルニアのレーザー治療

看護師

関西でレーザー治療なら

ヘルニアとは、本来あるべき場所から飛び出すことで痛みや痺れなどの問題が起こるものです。ヘルニアは患部によって、その名称が変わりますが、その中でも有名なのが椎間板ヘルニアです。椎間板ヘルニアとは、背骨を構成する椎骨の間にある緩衝材である軟骨の椎間板が突出するヘルニアのことです。背骨には重要な神経が走っており、椎間板が突出して圧迫することで痛みや痺れをもたらし、表れやすい症状が腰痛になります。椎間板ヘルニアを改善する方法としては椎間板が引っ込むのを待つか、突出した椎間板を除去するかの2つになります。このさいに有用な治療法のひとつがレーザーで焼ききってしまう方法です。椎間板ヘルニアのレーザー治療のメリットは身体への負担が小さく日帰りが可能といった点ですが、この治療を広く行っているのが関西では奈良県にある郡山青藍病院になります。

人気のポイントは

郡山青藍病院が行う治療はPLDDと呼ばれ、日本語では椎間板ヘルニアレーザー手術とされます。郡山青藍病院では、最新のMRIなどを導入しており、検査に掛かる時間を短縮しており、検査から手術までの時間は5時間程度で行うことができます。手術日も多いので手術待ちの時間も短いのがメリットで、また手術を行う医師の実績も豊富なので安心して治療を受けることができます。一方で郡山青藍病院では、PLDD以外の治療にも幅広く対応しており、椎間板ヘルニアの治療に関してはエキスパートといえます。PLDD以外としては、内視鏡下ヘルニア摘出術(MED法)や従来の切開をして突出している椎間板を取り除くLOVE法があります。また手術が不要な場合に行われるブロック注射や牽引療法などを受けることができます。

先天性の病

病院

脳血管の動脈と静脈が直接繋がってしまった状態を脳動静脈奇形と呼びます。遺伝的な疾患ではありませんが、先天的に発生すると言われています。自覚症状などは殆どなく、脳内出血などを起こして初めて発覚することが多いです。開頭施術や血管内治療、ガンマナイフなどで治療が行われます。

詳細を読む