女性

気を落とす前に|郡山青藍病院に通えばヘルニアから開放される

先天性の病

病院

脳動静脈奇形は、脳血管の静脈と動脈が異常な形で直接結合してしまった状態の事です。通常、脳の血液は動脈から毛細血管を通って静脈へと流れていきます。脳動静脈奇形は動脈と静脈を繋げる毛細血管が正常に作られず、動脈の圧力が静脈に加わる事で、血管の破裂などを招く疾患の事です。脳動静脈奇形は先天性の疾患で、三週間頃の胎児に発生します。遺伝的な疾患ではなく、後天的に現れる事もありません。脳動静脈奇形を放置すると脳出血やくも膜下出血を起こします。初期症状および自覚症状は乏しく、七割の人が脳内出血を発症する事で初めて疾患を認知します。一般的には片頭痛や精神症状が脳動静脈奇形の自覚症状と言われていますが、それを脳動静脈奇形に結び付けられるかは難しいところです。

治療方法は複数あり、開頭手術による脳動静脈奇形の摘出、塞栓術と呼ばれる血管内治療、集中放射線治療(ガンマナイフ)などがあります。身体的リスクが一番低いのは血管内治療ですが、これのみで完治できる患者は全体の一割程度で、殆どの場合は開頭摘出手術と集中放射線治療が並行して行われます。脳動静脈奇形を治療せずに放置した場合、近い将来に脳内出血を起こす確率が年齢を重ねる毎に上昇します。脳内出血を起こした時の死亡率は一割強です。仮に一命を取り留めたとしても、重い障害が残ってしまう事が少なからずあります。特殊なケースを除いては、積極的な手術が推奨されます。脳動静脈奇形によって引き起こされる脳内出血が、二十歳代から四十歳代に多い事も要因の一つです。